ダイニングテーブルを想う:自由が丘の家具屋さん「くろえんぴつ」訪問 – 30代の家づくり

ダイニングテーブルを想う:自由が丘の家具屋さん「くろえんぴつ」訪問

 

はじめに

自由が丘に行く機会があったので、気になっていた家具屋「くろえんぴつ」に行ってきました。

お目当てはダイニングテーブル。

 

家の完成まであと半年。

結構早いタイミングですが、気になったので仕方ありません。

 

「くろえんぴつ」は個人経営のこじんまりとしたオーダーメード家具屋さん

自由が丘駅から徒歩5分。

住宅街の外れにあるこじんまりとしたお店です。

主にオーダー家具を扱っていますが、作家物の器や花瓶なども少し置いてあります。

店主兼デザイナーと思われるお兄さんは、いい人+センスが滲み出すような方。

 

見せてもらったのは一枚板のダイニングテーブル

ダイニングテーブルといえば、あこがれは一枚板。

この日もお目当ては一枚板のダイニングテーブルでした。

 

一枚板と言っても3種類あった

てっきり1枚板は1枚だと思っていたのですが、3種類ありました。

1.本当の一枚板
  • いわゆる本当の一枚板。継ぎ目がありません。
  • 存在感抜群ですが、3種類の中では最も高価。
2.ブックマッチ
  • 左右対称の一枚板を2枚くっつけたもの。
  • シャープな印象でおしゃれ。
  • お値段は3種類の中で真ん中。
3.接ぎ
  • 4枚、5枚程度の板をつなげたもの。
  • 耳付きにすれば1枚板のよう。
  • サイズは他の2つと違い融通が利く
  • お値段は最もお手頃。

 

接ぎ板も見てきましたがかなりいい感じでした。

我が家にはこれでも十分かも。

 

展示してある木の種類は様々

くろえんぴつにおいてあった一枚板は5〜10種類程度。

我が家の希望を伝えたところ、タモ、ナラ、ケヤキ、メープルあたりがいいとのこと。

我が家の希望についてはまたの機会にご紹介したいと思います。

 

納期は1.5ヶ月

一枚板は脚がついていない状態で展示してありました。

脚をつけるのは注文してからになるため、結構納期がかかるようです。

なお、脚の形状はいろいろ選べるとのこと。

 

この日ビビットきたのはヒッコリー

初めて聞く木の名前でしたが、あとから調べたところクルミの一種のようです。

シュッとしていて品があり、とても好みでした。

 

とは言え、この日は偵察のみ。

また、家が完成する前に訪問したいと思います。

 

まとめ

ダイニングテーブルを見に自由が丘の家具屋「くろえんぴつ」に行ってきました。

一枚板のダイニングテーブルについていろいろと知ることができました。

注文から納品まで1.5ヶ月かかるとのことでしたので、またしばらく経ってから行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.