造作と収納を思う:シューズインクローゼットは意外に収納物が多い – 30代の家づくり

造作と収納を思う:シューズインクローゼットは意外に収納物が多い

 

はじめに

造作と収納の検討をしていきます。

まずはシューズインクローゼットから検討していきます。

 

我が家ではシューズインクローゼットを設けて、靴などはそこにすべて収納する予定です。

代わりに、玄関にはほとんどものを置かないようにします。

 

シューズインクローゼットに収納するもの

前の記事で収納するものを洗い出しましたが、詳細化及び追加しています。

収納するもの 大きさ(奥、幅、高)※cm
夫:趣味(釣り等) 37×26×24 2
工具類 37×26×24 1
お出かけグッズ 37×26×24 1
靴(丈低) 30×22×12 20
靴(丈中) 30×22×15 20
靴(丈高) 30×22×20 10
靴(ブーツなど) 30×22×30 5
ベビーカー 50×40×100 1
生協のボックス 31×38×120 1
自転車のバッテリー 23×20×30 1
ルータ 20×20×20 1
災害避難リュック 30×40×15 1
コート類 60×10×100 4
クーラーボックス 55×30×35 1
タオル 37×26×24 1
6

 

通路と収納の幅

シューズインクローゼットの幅はおおよそ168cm、奥行きも168cmの正方形です。

ここに下記のように収納を取り付けようと考えています。

 

そこで、まずは収納スペースの幅について考えたいと思います。

収納スペースが広ければ通路が狭くなりますし、通路を広げれば収納が狭くなります。

そこで下記のように、奥行きが浅い収納スペースと、奥行きが深い収納スペースに分けることにしました。

 

奥行きが浅い方には主に靴

奥行きが深い方にはそれ以外を収納します。

 

収納を考える

では、具体的にどのように収納するのか考えてみました。

 

奥行きが浅い方の棚

主に靴を収納する奥行きが浅い方の棚は下記のようにしたいと思います。

これで、靴(丈低)×20足、靴(丈中)×20足、靴(丈高)×8足、靴(ブーツなど)×4足入ります。

収納したい量よりも若干少ないですが、あぶれた部分は、奥行きが深い方の棚に回そうと思います。

 

また、丈の高いものから下に置くようにしていますが、実際に使うときには、シーズンオフのものを上に収納し、バランスを取るつもりです。

 

ただし問題が一つ

ここにパイプスペースがあります。

 

そのため、幅を90cm確保した場合、下記の部分が狭くなってしまう可能性があります。

そのため、パイプスペースを下記の位置にずらせないか用相談です。

 

奥行きが深い方の棚

続いて奥行きが深い方の棚です。

下記のようにしたいと思います。

こちらは収納するものを当てはめてみましたが、

ある程度余裕ができました。

 

まとめ

シューズインクローゼットの造作収納について検討しました。

収納したいものはおおよそ収納できるようですが、ここに来てパイプスペースがネックとなりそうなことが分かりました。

 

次の打ち合わせで、設計士の方にどうにかならないか相談しようと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.