プロパンガス – 30代の家づくり

プロパンガス

 

今回はプロパンガスのお話しです。

 

はじめに

逗子で土地を探していますが、土地の条件としてよく目にするのがプロパンガス(LPガス)。

あまりにも頻繁に出てくるので、プロパンガスとは何か?、都市ガスと何が違うのか?をまとめておきたいと思います。

 

プロパンガスとは?

液状のガスのことです。

ガスボンベに入った状態でプロパンガスを使用している家庭へ配達されます。

ガスボンベを積んだ軽トラックを見かける方は多いと思います。

 

プロパンガスが条件の土地とは?

要はガス管が引かれていない土地になります。

山の上や、水路が多い土地、家が少ない土地など、ガス管が引けなかったり、ガス管を引くメリットがガス会社にないところが該当します。

 

プロパンガスはガスボンベに入っているため、ある意味どんな所でも設置できるため、このようなガス管が引かれていない土地で使われています。

 

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスの違いとして、料金と対災害性が挙げられるので各々紹介したいと思います。

料金

まず、最も大きなポイントとなる料金です。

圧倒的に都市ガス優位です。

プロパンガスは都市ガスの1.3倍~数倍となります。

地味に家計にダメージがある数字です。

 

ただ、プロパンガス業者は複数あり、価格交渉も可能なため、手間をかければ都市ガス並みの料金になる場合もあります。

 

対災害性

料金とは逆に、対災害性という意味では圧倒的にプロパンガスが優位です。

地震で最も復旧の早いライフラインはプロパンガスだといわれています。

都市ガスはガス管のガス漏れ点検などが必要なため、どうしても遅れてしまします。

 

プロパンガスの土地でも都市ガスが使える?

ごくまれにですが、家の前までガス管が来ている場合など、工事費用を負担すれば都市ガスが使えるようになる場合があるようです。

念のため、ガス会社に聞いてみるといいと思います。

 

まとめ

プロパンガスは、都市ガスのガス管が引かれていない土地で使われています。

都市ガスと比べて価格が高いですが、災害に強いという特徴があります。

 

我が家の場合、ガス料金は家計に効いてくるので、土地選びの際には要チェックポイントです。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.