ニンジンを育てる:2022年 – 30代の家づくりand逗子暮らし

ニンジンを育てる:2022年

基本情報

  • 種   :トーホク 早太りにんじん 紅輝
  • 土の状態:購入した有機野菜の土(市販の培養土)に手を加えていない状態
  • ネット使用の有無:使用せず

 

育成記録

2022年1回目

  • まき方:5㎜~1㎝程度の溝に、1㎝間隔で条まき
  • 場所 :奥と中のレイズドベッドに、レイズドベッドに対して短辺方向に10条ほどまく
  • 種まき:2022年3月20日(日)
  • 発芽 :2022年4月2日(土)
  • 間引き:2022年4月23日?、5月4日、5月29日
  • 収穫 :2022年6月26日(少し小さめ)~2022年8月11日(2割程度が割れている)
  • 所感等:7月ごろに青虫がついたが、それほど被害はなかった。
        8月になると落ち着いたことから、ほかに雑草が生えると減ると考える。
その他の記録

2022/5/24:勢力旺盛。ただし、一部間引きができていない状態

2022/5/29:間引きを実施

少しタイミングが遅かった。しかしその分ミニニンジンを収穫することができた。

所感

ニンジンの茎は筋張っていて食べにくい。2ミリ程度の細切れにしてふりかけが良い。
葉のほうはみそ汁やてんぷらで行ける。

一部ネットをかけていたため、葉が倒れてしまった。虫食いもないため、ネットはかけないほうが良い。
7月ごろに青虫がついたが、それほど被害はなく、ネットなしでよいと思われる。

8月11日に残っていた25本ほどを収穫したが、5本程度が食用に値しないくらい割れ、5本程度が食用にできるが割れていた。
もう少し早めの収穫が必要。
また、このころになると茎がさらに硬くなり、なかなか食べるのに苦労する。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくりand逗子暮らし All Rights Reserved.