アウト~~~~~! – 30代の家づくり

アウト~~~~~!

 

はじめに

我が家の希望は来年3月中には引っ越すことです。

理由は子供の保育園。

ただし、43条ただし書きの影響で、着工が後ろにずれてきているので、そろそろぎりぎりかな~と思い、小林住宅工業(こばじゅう)の営業の方に確認してみました。

 

すでにアウトだった!!!

ということで、このままのスケジュールだと、順調に行って4月末の引渡しとのこと。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

確かに、初めに伺っていた9月着工、2月引き渡しから考えると、11月着工の場合は4月引き渡しとなります。。。

 

とりあえず4月引っ越しのいいことに目を向ける

1.もう悩まない、どぎまぎしない

ちょっとの延長も許されない3月末引渡しのスケジュールだと、きっと悩んだり、どぎまぎすると思いますが、4月引き渡しにすればそういったマイナス感情から解放されます。

素晴らしい!

 

2.引っ越し費用が安い

引越し業界の繁忙期である3月はきっと引っ越し費用も高くなります。

その点4月は安いはず。

なんて素晴らしい!!

 

そして問題にも目を向ける

最大の問題は娘の保育園

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

まずは妻と相談です。。。

 

ただ、選択肢として下記があるかと考えています。

1.3月に引っ越しor住民票を先に移す

問題は家の完成ではなく、引っ越しができないことなので、いっそのこといったん逗子に仮住まいを見つけて引っ越しておく。

または住民票だけ先に移しておく(できるかな?)。

これで保育園に応募ができます。

2.保育園をあきらめて幼稚園に入る

保育園をあきらめる案です。

幼稚園であれば、逗子の幼稚園は定員割れしていますし、必ずしも逗子に住んでいないと逗子の幼稚園に入れないというわけではありません。

※保育園はそうではありませんが。

3.保育園、幼稚園に入れるのは再来年の4月

1年間保育園や幼稚園に入れるのを見送る案です。

妻が現在妊娠しているため、近々育休をとる予定です。

そのため職場復帰を再来年の4月にし、その間は家で子供の面倒を見ます。

 

と、いろいろ考えてみましたが、これについては妻とまよーく会話しようと思います。

 

まとめ

子供の保育園のことを考え、来年3月までの引っ越しを希望していましたが、すでに4月以降の引き渡しとなることが判明。

どうするか妻とよく相談することになりました。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.