構造見学(小林住宅工業) – 30代の家づくり

構造見学(小林住宅工業)

 

はじめに

※少し前に書いた記事でアップロードを忘れていました。

すでに小林住宅工業(こばじゅう)で家を建てることを決めている我が家ですが、まだ構造見学をしていなかったので、いまさら感がありつつも見学させていただきました。

これで、OB見学、完成見学、構造見学と一通り見せていただいたことになります。

 

見に行った物件

延べ床面積34坪程度の我が家が希望している大きさとほぼ同程度の物件でした。

棟上と床の断熱材の施工が終わっており、壁はこれからといった段階でした。

 

確認できたこと

正直あまりない。。。しかし、やることが重要

特に悪い意味ではなく、他の見学会やセミナーと異なり、構造見学会は素人目にはわかりにくいもので、これが確認できたというものはそれほどありませんでした。

ただ、我が家としては構造見学など建築中の現場を見せていただける=それだけ自信があるとの証拠だととらえ、やることが自体が重要だと考えています。

実際、今回の現場も特に見学会というわけではなく、お願いしたら現在建築中の物件を見せていただけました。

その点だけでも大変満足です。

 

ただ、あまりないとは言いつつも、下記の点は追加で確認できました。

 

階段は大工の腕の見せ所!

大工の技量はどのあたりに現れるのか?営業の方に伺ったところ、階段だとおっしゃっていました。

で、小林住宅工業の階段は設計から施工まで大工に任されている部分が多いとのことでした。

構造見学の段階では、まだ階段が施工されていなかったのが残念です。

 

工事現場の整理整頓で気になる点はなし

他の現場と比較できるほど見た経験はありませんが、下記の点などから問題ないように感じました。

  • 木片や木くず以外のごみが落ちていない(ビスやプラスチック片など)
  • たばこの吸い殻がない
  • 飲みかけの缶やペットボトルが木材の上などに放置されていない
  • 工事現場前の道路が汚れていない

 

まとめ

小林住宅工業の構造見学をしてきました。

期待通りの内容でした。

 

また道中のお話しがてら、小林住宅工業のデザインに対する意識を知れたのも非常に良かったです。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.