ダイニングテーブルを想う:吉祥寺の「ソリウッド」訪問 – 30代の家づくり

ダイニングテーブルを想う:吉祥寺の「ソリウッド」訪問

 

 

はじめに

一枚板のダイニングテーブルを探すため、自由が丘の「くろえんぴつ」、青山と横浜と自由が丘の「家具蔵」、目黒の「BRUNCH」、横浜の「ATELIER MOKUBA」、西大井の「無垢家具専門店RAM」、神楽坂の「アクロージュファニチャー」と回りました。

今回は吉祥寺の「ソリウッドに行ってきました。

 

ソリウッドは妻の気になっていた家具屋

国産材にこだわっている妻。

ソリウッドのHPに国産無垢材に対する想いが書かれており、それを見た妻が気になっていたショップでした。

さらに、基本的に一枚板の取り扱いはないようで、代わりに2枚接ぎのダイニングテーブルを多数そろえている、他にないようなお店でした。

つい最近、ダイニングテーブルの方針を1枚板から接ぎ板に変更した我が家にとっては、まさにうってつけのインテリアショップとなります。

 

残念ながら数は少なく、国産材も少なかった

ソリウッドは、吉祥寺駅から徒歩7,8分のビルの2階にありました。

中に入ってみると10点ほど2枚接ぎの板が展示してありました。

しかし、見てみると我が家の希望する大きさ(180cm以上)のものは数点。

また、いずれも外国産木材でした。

伺ってみると国産木材はかなり手に入りにくいとのこと。

 

ただし、ダイニングテーブルの料金としては195cm幅のもので28万円と我が家の予算に収まるレベル。

 

ソリウッドはウレタン塗装よりもオイル押し

ソリウッドでいろいろとお話を伺ったところ、ウレタン塗装よりもオイル塗装を勧められました。

理由は、ウレタン塗装の場合、10年~15年程度で剥げてしまうため。

また、肌触りがオイル塗装のほうが良いとのこと。

 

ウレタン塗装が10年~15年程度で剥げてしまうのは、ちょっと考えものです。

家具蔵も同様なのでしょうか?

ちょっと確認してみる必要があるようです。

 

まとめ

吉祥寺のソリウッドにダイニングテーブルを探しに行ってきました。

ソリウッドは2枚接ぎ板を主に取り扱っている変わったお店。

 

行ってみると、我が家の希望する国産材やサイズが少なく、これはというモノがありませんでした。

しかし、価格帯は我が家の予算内に収まるレベル。

在庫はホームページでも確認できるため、よく確認するようにしたいと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.