ファーストプラン6:物件見学で風景を確認しよう – 30代の家づくり

ファーストプラン6:物件見学で風景を確認しよう

 

はじめに

小林住宅工業(こばじゅう)の1回目のヒアリングが終わり、ファーストプランが出てくるのを待っています。

ファーストプランが提示されたときに、各部屋からどのような眺めになるのかある程度イメージできるようにしておきたいと思います。

そのため、再度「急坂の上の物件」を見学し、どこにどのような風景があるのか確認してきました。

 

風景の全体像

矢印が風景が良さそうな方向です。

 

景観ポイント

景観ポイント①:庭

最も身近で最も景観に力を入れたい部分です。

庭の先はがけであるため、道路や電線などがなくとてもいい感じの庭にできそうです。

 

合わせて隣の家の庭に立っている木も見えるようにしたいですね。

 

景観ポイント②並木

図だと上側になりますが、よさげな並木があるので、見えるようにしたいです。

ただ、他の家が視界に入らないように、窓の位置はきちんと考える必要があるようです。

 

景観ポイント③:山

見える位置がかなり限られますが、山を望むことが出来ます。

可能であれば景観として取り入れたいポイントです。

 

景観ポイント④:街並み

山と同様に見える位置が限られますが、街並みも見ることが出来ます。

小窓などを取り付けて、ふとした瞬間に見えるなど、工夫して取り入れたいですね。

 

まとめ

ファーストプランができてくる前に、再度「急坂の上の物件」を見学し、どのような風景が望めるのか確認してきました。

庭以外では、並木が非常に良さそうでした。

上手くプランに盛り込みたいと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.