神武寺駅@逗子の住み心地(レジャー編②:山) – 30代の家づくり

神武寺駅@逗子の住み心地(レジャー編②:山)

大きな

はじめに

海編に続き、レジャー編の第二回目は山編です。

逗子は海が有名ですが、山も豊富にあります。

山でのレジャーは基本ハイキングですが、それでもここに住んでよかったと思えるくらい魅力があります。

 

神武寺駅周辺では海より山が身近

神武寺駅周辺は逗子の中では海から離れていることもあり、山のほうが身近です。

どの方角を見ても木々がはっきり見えるほど近くに山があります。

そのため、移り住んで3年経った今でも、山の緑に癒されることが多いです。

山には広葉樹が多い

逗子の山々は基本的に住宅地として切り開かれているか、森がそのまま残っています。

また、スギやヒノキなどの針葉樹も一部ありますが、大部分が広葉樹林となっています。

春には山桜、初夏には藤、秋には紅葉が山のところどころに色づき、季節を感じさせてくれます。

生き物も豊富

植物だけでなく生き物も豊富です。

動物では、リス、タヌキを見かけますし、噂によると野ウサギもいるようです。

鳥では、鴬、ガビチョウ、ホトトギス、フクロウなどの声を聴くことができます。

虫も多く、クワガタやアゲハ蝶などを見ることができます。

 

ハイキングコース多数

逗子での山のレジャーは基本的にハイキングです。

逗子には多彩なハイキングコースがあります。

そのいくつかを紹介します。

神武寺駅~神武寺~鷹取山

神武寺駅周辺では最も身近なハイキングコースになり、神武寺駅改札前に案内板があります。

駅近ですが森の中を歩くことができ、非常におすすめです。

神武寺駅から神武寺へ至るルートは主に表参道と裏参道の2つがありますが、いずれの参道入り口まで約15分、そこから神武寺までは同じく15分程度で着きます。

なお、表参道のほうが歩きやすいですが、石切り場や小川の横を通るなどおもしろいのは裏参道です。

いずれの入り口からも神武寺まではずっと森の中を歩くことになりますが、裏参道を含め幼稚園児でも往復を踏破できる程度のコースになっています。

神武寺から鷹取山へは少々険しい山道になり、一部鎖場もありますが、30分程度で到着します。

鷹取山には、展望台があり、東京湾から富士山までを一望できます。

浪子不動~披露山公園~大崎公園

逗子海岸の端にある浪子不動から披露山公園、そこから大崎公園に至るルートです。

浪子不動から披露山公園までは15分程度、披露山公園から大崎公園までは同じく15分程度で着きます。

浪子不動から披露山公園までは森の中を歩くルートになっており、小川もありとても気持ちの良いところです。

東逗子駅~二子山山頂~南郷公園

紹介した2つと比べると非常に距離があるハイキングコースです。

おおよそ1.5時間くらいの所要時間がかかりますが、その分歩きがいがあります。

また、東逗子駅から南郷公園へ至るルートを紹介していますが、二子山はほかにいくつものハイキングコースがあり、葉山や田浦に抜けるルートもあります。

 

まとめ

今回は山でのレジャーとして、いくつかのハイキングコースを紹介しました。

本格的な登山は望めませんが、いずれのハイキングコースでも、逗子や葉山の山を堪能することができます。

また、紹介したハイキングコース以外にも、蘆花公園~長柄古墳群へ抜けるコースや、名越切通し~鎌倉へ抜けるコースなどほかにもいくつかあります。

実際に歩いたら書いていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.