庭仕事は続く:根っこ退治その① – 30代の家づくり

庭仕事は続く:根っこ退治その①

 

新居にはそこそこ庭があります。

先日ようやく庭にあった伸びまくった柿木の剪定が終わりました。

剪定は柿木の休眠期間が終わる2月中に完了しましたが、息つく間もなく次は根っこ取りです。

 

庭の土をちょっと掘ってみると、下には根っこがいっぱい

一体何の根かわかりませんが、これも春になる前に何とかしたいところ。

そうしないとわっさわっさと雑草が生えてきてしまいます。

しかし、行ってみると1週間前にはなかった、雑草が生えてきていました。。。

これは急がねばと思ってとりかかった根っこ取り。

鍬を使って耕して、根っこや雑草を取り除きます。

2時間かかってようやく4分の1程度が終わりました。

黒くなっている部分が掘り返したところです。

あと4分の3残っています。。。

いつ終わるのだろうか。。。

 

さらに伐根に手を付ける

我が家の庭には木の根っこが10ほど埋まっています。

大きいものから小さいものまで。

この処分も残タスクの一つ。

ということで、1つやってみました。

 

予想通りかなり大変です。

地上に出ている部分はちょっぴりですが、地下はひどいことになっています。

何とか1時間がかりで、比較的小ぶりの根っこを1つだけ引き抜くことができました。

う~ん。先はあまりにも長そうです。。。

 

春の訪れ。いいのか悪いのか。

この日庭で仕事をいていると、上でカリカリという音が。

見てみるとリスがいました。

冬眠から目覚めたようです。

またこの日はメジロやクモも見かけ、すでに春が始まっていることを感じました。

ということは、虫や雑草の季節が本格化するということ。

早めに根っこは取り切らないと、やばいことになりそうです。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.