窓辺を想う:我が家のカーテン、ブラインド計画 – 30代の家づくり

窓辺を想う:我が家のカーテン、ブラインド計画

 

はじめに

先日ようやくカーテンとウッドブラインドなど諸々が決まりました

カーテンもブラインドも大和市の「カーテンミュージアム」に依頼する予定です。

 

そこで、我が家のカーテン、ブラインド計画についてご紹介したいと思います。

 

基本は1階がカーテン、2階がウッドブラインド

我が家の基本は一階の寝室や子供部屋にはカーテンを、2階のLDKにはウッドブラインドを設置します。

1階

下記の部分はカーテンの予定。

子供部屋(フリースペース)※右側と、寝室※左側です。

基本的にすべて天然素材のリネンを使ったカーテン。

 

2階

下記の部分はウッドブラインドの予定です。

ウッドブラインドはタチカワブラインドにする予定です。

 

西日の当たる部分にはロールスクリーン

西日の当たる場所は、遮光をしっかりと行います。

使うのはロールスクリーン。

1階で西日が当たるのは下記

カーテンをする予定の窓ですが、上記3か所にはロールスクリーンも設置します。

 

2階で西日が当たるのは下記

こちらはロールスクリーンのみ。

 

いらないところはいらない

さて、我が家ので何もつけない窓も幾つかあります。

基本的に西日が当たらなかったり、型ガラスで視線を気にする必要がない部分です。

 

1階は下記

浴室、トイレ、脱衣室、洗面所、玄関の窓です。

いずれも、型ガラスで外から見られることがありません。

ただ、夏には東側(上記画像上部)から当たる朝日を防ぐため、洗面所や風呂の外から葦簀や簾をつける予定です。

また、トイレには妻がレースをつけるかも。

ともあれ住んでからになります。

 

2階は下記

上記画像左上のスタディルームの窓は透明なガラスですが、うまく視線を外せているため、何もつけないようにします。

 

階段とその横の窓は、西を向いていますが、隣家で日が当たらないため、何もつけません。

また型ガラスのため視線を気にする必要もありません。

 

まとめ

我が家のカーテン、ウッドブラインド計画についてご紹介しました。

だんだんと検討も終わりに近づいてきました。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.