窓辺を想う:カーテンミュージアム訪問。リネンのカーテンがいっぱい – 30代の家づくり

窓辺を想う:カーテンミュージアム訪問。リネンのカーテンがいっぱい

 

はじめに

カーテン探訪の2回目となります。

我が家は妻の強い希望もあり、自然素材のカーテンを使うことにしています。

前回のジアス訪問で思った以上にリネンのカーテンが少なかったことから、リネンやコットンなど自然素材のカーテンを豊富に取り扱っているショップを探していました。

 

そして見つけたのが神奈川県大和市にある「カーテンミュージアム」。

 

リネンカーテンの種類は豊富だった

なんと自然素材系を使ったカーテンだけでも120種類もあるとのこと。

リネンは天然素材だけあって柄はシンプルなものが多かったですが、それでも選ぶには十分でした。

妻と喧々諤々しながらカーテンをつける予定の、子供部屋と寝室のカーテンを各々決めてきました。

子供部屋にはオレンジとイエローのカーテン

私の好みからは外れるため、インテリアとしては取り入れるのを全力で避けているぱっと明るい原色系。

逆にマリメッコなど北欧系の明るいものが好みな妻は、子供部屋だけでも好きにしたいということで、子供部屋にはオレンジとイエローのカーテンを採用しました。

インテリアもこれに合わせて明るい子供部屋にしていくとのこと。

寝室には薄いブルーのカーテン

子供部屋とは逆に、私と妻の寝室には落ち着いた薄いブルーのカーテン。

こちらは私好みになりそうです。

 

ウッドブラインドとロールスクリーンも選ぶ

カーテンはその場でカーテンミュージアムにお願いすることに妻と認識があったので、ついでにウッドブラインドとロールスクリーンについても見積もりを出していただくことにしました。

我が家は1階は主にカーテンですが、2階はウッドブラインドとロールスクリーンにしようと考えています。

ウッドブラインドはトーソーやニチベイなどの取り扱いがあるとのこと。

以前訪れたミツワインテリアと価格が同程度であれば、まとめてカーテンミュージアムにお願いすることにしたいと思いました。

 

見積もりはその日のうちに

ショップで少し待つことになりましたが、その日のうちに見積もりを出していただけました。

結果は。。。。OK。

ウッドブラインドやロールスクリーンもミツワインテリアと同等。

 

さらに、トータル費用もぴったり予算内で収まりました!

これはこれですごい。

 

若干の調整は今後発生すると思われるものの、これで我が家のカーテンやウッドブラインドはカーテンミュージアムにお願いすることに決まりました。

あっさり決まってよかった。

 

まとめ

リネンのカーテンを求めて神奈川県大和市にあるカーテンミュージアムに行ってきました。

事前に確認した通り豊富な品揃えであったため、この中から我が家のカーテンを選ぶことにしました。

更に、うれしい誤算としてウッドブラインドやロールスクリーンも結構お手頃価格で取り扱っていたため、カーテンに加え、ブラインドなども丸っとカーテンミュージアムにお願いすることにしました。

もう少し検討に時間がかかるかと思っていましたが、今の段階でお願いするショップが決まってよかったです。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.