窓辺を想う:「ジアス」でブラインドとカーテンを見る – 30代の家づくり

窓辺を想う:「ジアス」でブラインドとカーテンを見る

 

はじめに

先日長きに渡った設計の打ち合わせが終わりました。

今までは設計に関する検討や打ち合わせのため、なかなか時間が取れませんでしたが、ようやく他にも目を向ける時間ができてきたので、カーテンやブラインドなどの検討を進めていきたいと思います。

そこで、小林住宅工業(こばじゅう)と提携している、カーテン専門店のジアスに行ってきました。

 

ジアスは自社生産のカーテンを主に扱う専門店

ジアスは自社工場でカーテンを生産しています。

なお、カーテン以外にも自社生産ではないもののロールスクリーンや、ウッドブラインドの販売もしています。

 

東京や神奈川に複数のショールームを抱えており、今回訪問したのは港北店になります。

新横浜駅から徒歩10分程度のところにありました。

なお、若干ながらキッズスペースもあり、子供連れには嬉しいお店でした。

 

ジアスは我が家のニーズとアンマッチだった。。。

カーテン、ブラインドに関する我が家のニーズは下記になります。

  • 1階の子供部屋、寝室はすべてカーテン(コットンorリネン)
  • 2階のパントリー横の窓のみロールスクリーン
  • 2階のパントリー横の窓以外はウッドブラインド

 

つまり、我が家の求める大部分は、コットンやリネンのカーテン+ウッドブラインドということになります。

 

ジアスにはコットンやリネンのカーテンが少なかった

これが一般的かとは思いますが、ほとんど種類がありませんでした。

大部分を占めていたのはポリエステル製。

 

ジアスのウッドブラインドはお値段高め

自社生産しているわけでもなく、主力商品というわけでもないためか、ウッドブラインドのお値段が高めでした。

他のところで購入した場合、ワンランク上の商品にできる程度のお値段差。

 

ジアスは残念ながら。。。

ジアスにすれば、小林住宅工業と提携しているため、入居前の設置が可能というメリットはあります。

しかし、ジアスの売りと、我が家のニーズがことごとくアンマッチな状況では仕方ありません。

 

まとめ

カーテンやブラインドを検討するために、港北にあるジアスに行ってきました。

しかし、残念ながら我が家の求めているコットンやリネン製のカーテンが少なく、ウッドブラインドもお高めだったため、ここでの選択は諦めることに。

 

引き続きカーテンやとブラインドは検討していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.