土地探し11:価格交渉と購入申し込み – 30代の家づくり

土地探し11:価格交渉と購入申し込み

 

はじめに

小林住宅工業から回答があった解体費と建築費の増分が許容範囲内であったため、「急坂の上の物件」で話を進めることにしました。

そこでL不動産に連絡し、購入を勧めたい旨の意思表示をしました。

 

L不動産へ価格交渉のお願い

L不動産に購入を進めたい旨の意思と合わせて価格交渉をお願いしました。

交渉金額

売り出し価格より-200万でお願いしました。

結構大きな金額ですが、半年間売れていないのと、土地費用はもともとの売り出し価格程度に抑えたいと思いがあったので、解体費用170万、建築費増分20万を加味し、-200万でお願いしました。

 

価格交渉は「不動産購入申込書」で

不動産の購入は、まず「不動産購入申込書」に金額を記入し、売り主に申し込みを行います。

価格交渉はこの書面に金額を書いて行うのが慣例であるようです。

 

販売価格が2000万であっても、購入申込書に1000万と記載するのは自由で、不動産購入申込書を受け取った売り主が、その内容を見て売る売らないを判断します。

ただ、無駄な手続きを省くため、事前に買主側の不動産業者と売り主側の不動産業者で価格調整を行うことも多いようです。

我が家の場合、L不動産の方が先方の不動産屋と事前に確認、調整してくださるとのことでした。

事前調整が終わったら早速「不動産購入申込書」を記載することになります。

事前調整がうまくいくことを願っています。

 

まとめ

L不動産に「急坂の上の物件」で進めることと、価格交渉のお願いをしました。

価格は売り出し価格より200万安い金額でお願いしました。

実際に売り主に-200万での購入申し込みをする前に、売り主側の不動産屋と事前調整をしてくださるそうです。

期待して待ちたいと思います。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.