住宅ローン25:住宅ローン契約!できなかった。。。 – 30代の家づくり

住宅ローン25:住宅ローン契約!できなかった。。。

 

はじめに

スケジューリングした決済日まであと7日。

会社を午前休して、みずほ銀行へ住宅ローンの契約に行ってきました。

書類は完璧にそろえ、印鑑、身分証等もぬかりなく準備していきました。

 

まさかの住宅ローンの借入期間で落とし穴が!

予約していたため、銀行につくと早速住宅ローンの契約に入ります。

まずは、借入条件の確認です。

 

借入金額は前もって確定させておいてくださいと言われたので、これから支払う金額や、頭金を払った後に残しておく貯金額など、もろもろ計算して事前に銀行側へ伝えておきました。

そのため、借入金額の確認は問題なく完了。

 

そして、借入期間。

これは、25年に設定することにしました。

25年後はちょうど私が60歳になるので、定年と同時に完済となります。

また、長期固定金利は5年刻みで金利が変動するため、26年よりも25年、21年よりも20年がお得となります。

 

しかし、ここで問題が。。。

私 「借入期間は25年でお願いいたします。」

銀行「!!!25年だと再度保証会社を通す必要があります。」

私 「え!?」

銀行「お客様の借入シミュレーションでは借入期間を30年で組んでいたため、借入期間が30年の条件で保証会社の審査を通しています。そのため、25年に変更する場合には再度保証会社を通す必要が。。。」

私 「え!?」

 

確かに、半年以上前に初めてみずほ銀行に相談しに行ったときは、シミュレーションを作ってくれるということで、あまり深く考えずに30年でお願いしていました。

その後も何度かシミュレーションをしていただく機会がありましたが、借入期間なんて直前でも変更できるだろうと思っていたため、特に25年などにしたいと伝えていませんでした。

 

決済日までに間に合うのか?

30年で契約して25年で繰り上げ返済をするという方法もありますが、金利が異なるためNGです。

これは、再度保証会社に通してもらうほかありません。

しかし、決済日まであと7日。営業日は5日です。

 

遅くとも決済日の5営業日前には契約する必要があると伺っていました。

となると。。。

 

しかし、ここでみずほ銀行の担当の方から「間に合わせます!」との力強い回答が。

ということで、翌日再度契約に伺うことになりました。

それまでには保証会社に話を通しておいたもらえるとのこと。

これで一安心です。。。

 

しかし、仕事はまた半休をとる必要が出てきました。

 

まとめ

みずほ銀行に住宅ローンの契約に行ってきました。

しかし、借入期間をもともと伝えていた30年から25年に短縮するには、保証会社の承認が必要とのこと。。。

というわけで、この日に契約はできませんでした。

 

皆様もぜひご注意を!

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.