住宅ローン16:売買契約条件の履行が不可能に。次の一手は売主との売買契約変更交渉 – 30代の家づくり

住宅ローン16:売買契約条件の履行が不可能に。次の一手は売主との売買契約変更交渉

 

はじめに

銀行4行に本審査のお願いをしましたが、いずれもNGが付きました。

理由は「急坂の上の物件」が43条ただし書きの土地であるため。

そのため建築許可が下りない限り審査ができないとのことでした。

 

これにより、土地の売買契約の内容にある『契約締の結後2か月以内に住宅ローンの本審査を通すこと』についての履行が不可能になりました。

 

次の一手は売主との売買契約変更交渉

ということでL不動産に相談したところ、売買契約の内容を書きかえれば問題ないとのことでした。

そのため、L不動産を通して売主側の不動産会社と連絡を取ってもらうことにしました。

 

現状、契約白紙と言われても何もできない状況

L不動産からは大丈夫と言われたものの、不安です。

売買契約では一方的に契約を破棄した場合は違約金発生することになっています。

しかし、原因がどうであれ住宅ローン審査に関する契約条件を履行できていない状態のため、現時点では売主は違約金なしで契約解除が可能な状況です。

 

もし心変わりしてしまったら。。。

と、とても不安です。

 

ともあれ待つしかありません。

 

まとめ

土地の売買契約に関する住宅ローンの条件が履行不可能となったため、売主に対して契約変更の交渉をしてもらうことになりました。

非常に不安ですが、待つしかありませんね。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.