照明を想う:コストダウンへの道! – 30代の家づくり

照明を想う:コストダウンへの道!

 

はじめに

コンセントや照明などの電気設備において、当初考えていた予算よりも大幅に超過することが判明しました。

そのため、何とかコストダウンを図りたいとお思います。

 

そこで考えた4つの案。

 

コストダウン案4つ

案①:玄関の照明をペンダントライトからダウンライトへ変更

玄関にはインパクト系ペンダントライト!との妻の希望があり、ペンダントライトを探していました。

 

しかし、途中で妻の気が変わり、照明は一任してもらえることに。

そのため、早速玄関のペンダントライトを削ることにしました。

 

これで1万円程度のコストダウンとなります。

 

案②:トイレの照明を施主支給に変更

もともとはオーデリックブランケットライトを考えていました。

しかし、ここをR不動産ToolBoxの下記のライトに変更して、コストダウンを図ります。

出典:https://www.r-toolbox.jp/service/%e7%b4%a0%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%97/

 

ざっくり3000円程度のコストカットとなります。

 

案③:洗面所の照明をマリンライトから、ダダの裸電球へ変更

洗面所には壁に2か所、マリンライトをつけたいと考えていました。

しかし、ここをすっぱり。。。。あきらめることに。

代替案はトイレと同じく、R不動産ToolBoxの素焼きレセップ+裸電球にしようと思います。

これでざっくり2万円のコストダウンになる予定です。

 

案④:畳スペースのダウンライトを最安プランへ

畳スペースのダウンライトは木枠のオシャレなダウンライト。

お値段も1万円オーバーとなっております。

そのため、ここを3300円の最安のダウンライトへ変更します。

これで1.5万円くらいは削減できる見込みです。

 

以上の①~④案を実行することで、約5万円のコストダウンになると思います。

早速照明プランに含めてもらうようにしようと思います。

とはいえ、それでもまだまだ予算オーバーですが。。。

 

まとめ

照明のコストがかなり予算オーバーとなることが分かったため、コストダウンの案を考えました。

おおよそ5万円程度は削減できることが分かりました。

焼け石に水かもしれませんが。。。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.