TOTOショールーム訪問2 – 30代の家づくり

TOTOショールーム訪問2

 

はじめに

TOTOのショールームに行ってきました。

TOTOのショールーム訪問は2回目になります。

 

今回は、具体的に小林住宅工業の標準に合わせて、バス、トイレ、キッチンの仕様を決め、見積もりを出してもらうことが目的です。

 

そのため、今回は小林住宅工業(こばじゅう)から予約してもらいました。

 

訪問したショールーム

今回は前回と同様に横浜ランドマークタワーのショールームに行ってきました。

 

なお、YKKAPショールームも同じタイミングで訪問しました。

 

決めてきたこと

バス(サザナ)

標準仕様からは下記変更しました。

床:からり床 ⇒ ほっからり床(オプション)
  • +6万円
  • 以前床断熱はいらないでいらないと書きましたが、結局つけることにしました。
    理由はほっからり床のほうが掃除がしやすいため。
手摺り:樹脂製 ⇒ メタル調(オプション)
  • +6千円
  • 断然カビが生えなくそうなため。案内してくださった方もおすすめとのこと。
入口:折れ戸 ⇒ 開き戸(オプション)
  • +1万5千円
  • 折れ戸と比べて掃除がしやすい

 

あと、浴槽や壁の色を決めてきました。

すべて標準の中から選びましたが、満足できる選択ができました。

特に、アクセントパネルの色でチョイスした「サクラキリコ」色はとても素敵でした。

 

トイレ(ZJ)

トイレはすべて標準として、特に変えませんでした。

色はアイボリーを選択しました。

 

キッチン(ミッテ)

本当はLIXIL予定ですが、ついでに見積もってもらいました。

標準からの変更点は下記になります。

食器乾燥機追加(オプション)
  • +15.8万円
換気扇:ノーマル ⇒ スーパークリーンフード(オプション)
  • +5万円
  • パワフル
  • 掃除がしやすい
シンク下の収納:観音開きタイプ ⇒ 引き出しタイプ(オプション)
  • +1.68万円
水栓:ノーマル ⇒ 浄水器兼用(オプション)
  • +2千円
  • 前回TOTOを訪問した際はないと思っていた浄水器兼用水栓がありました。
    この点のみの違いでLIXILを選ぶ予定でしたが、これでTOTOの可能性も出てきました。

 

他には、キッチンの色を選択しました。

 

見積もり

上記のオプションで、約30万円の追加となりました。

これからある程度の割引になりますが、設備追加費用として見込んでいた予算内には収まりそうです。

 

まとめ

TOTOのショールームで、バス、トイレ、キッチンの仕様を決めて、見積もりを作ってもらいました。

 

設備の追加費用については、予算内に収まりそうです。

良かった!

 

また、バスルームのサクラキリコ色はなかなかいい感じでした。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.