TOTOショールーム訪問 – 30代の家づくり

TOTOショールーム訪問

 

土地探しの傍ら、TOTOのショールームに行ってきました。

 

はじめに

小林住宅工業(こばじゅう)の水回り標準設備は、TOTOとLIXILのいずれかとなっています。

そのため、土地探しの合間にTOTOとLIXILのどちらを採用するかを決めておきたいと思います。

 

訪問したショールーム

みなとみらいの横浜ランドマークタワーにあるショールームです。

近くにLIXILのショールームがあるため、一日にまとめてTOTOとLIXILを回ることができます。

※我が家の場合、TOTOからLIXILにはしごするつもりでしたが、TOTOだけで子供が飽きてしまったので、そのまま帰ってしまいました。

 

説明を受けた設備と内覧時間

説明を受けたのは、システムキッチン(mitte)、ユニットバス(サザナ)、トイレ(ZJ)の3つです。

小林住宅工業の標準設備には洗面台も含まれていますが、洗面台は造作を強く希望しているため、省きました。

 

また、内覧時間は上記3設備でおおよそ1時間でした。

 

設備の特徴

システムキッチン(mitte)

mitteは中程度のグレードの商品となります。

滑り台シンク

水がスムーズに流れるシンク

ただしオプション(+2万)

水ほうき水栓

ほうき状に水の出る蛇口

大きいものを洗いやすい

ただしオプション(+8万)

スーパークリーンフード

掃除がしやすく、パワフルな換気扇

ただしオプション(+5万)

 

どれもこれも非常にほしい設備でした。

しかし、C住宅の標準仕様では、TOTOの特徴を出した設備はいずれもオプション扱いとなっていました。

とはいえ、それほど高額なものではないため、TOTOを採用した場合に上記はすべて取り入れたいと思います。

 

ユニットバス(サザナ)

こちらも中程度のグレードとなります。

ほっからり床

滑りにくく汚れが付きにくい

エアインシャワー

水に空気を含ませることで、洗い流す効果はそのままに水の使用量を抑える(約35%減)

フロア断熱

床の断熱で冷たくない

ただし、オプション(+6万)

バスタブ断熱

バスタブを断熱材で覆うことで温度変化を抑える

約4時間で2.5度程度のマイナス

ただし、オプション(+3万)

掃除が楽な鏡

汚れが付きにくく、落としやすい

掃除が楽なカウンター

形がシンプルで全体を洗いやすい

 

キッチンに比べて、ほとんどが標準仕様の中に含まれていました。

ただ、オプションとはいえバスタブ断熱はぜひほしいところです。

また、掃除が楽なカウンターは非常に魅力的でした。

 

トイレ(ZJ)

TOTOでは一般的な商品のようです。

表面が名のレベルでつるつる

汚れが付きにくい

また、掃除しやすい

便器のふちがない

ふちが入り組んでなく非常に洗いやすい

除菌水で清潔に

水道水から作った除菌水を定期的に振りかける

ただし、オプション(金額不明)

 

ふちがないのは非常に好印象でした。

 

まとめ

TOTOのショールームに行ってきました。

ショールームではシステムキッチン、ユニットバス、トイレの3つの設備を、小林住宅工業の仕様なども含め見てきました。

 

各種いろいろな機能がついており、非常に驚きました。

少なくとも今住んでいる賃貸よりも、水回りはかなり使い勝手がよくなりそうで、ワクワクしました。

 

次はLIXILのショールームに行きます。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.