LIXILショールーム訪問2 – 30代の家づくり

LIXILショールーム訪問2

 

はじめに

LIXILのショールームに行ってきました。

LIXILのショールーム訪問は2回目になります。

 

TOTOに続き、LIXILでも具体的に小林住宅工業の標準に合わせて、バス、トイレ、キッチンの仕様を決め、見積もりを出してもらうことが目的です。

 

そのため、今回は小林住宅工業(こばじゅう)から予約してもらいました。

 

訪問したショールーム

今回は前回と同様にみなとみらいのショールームに行ってきました。

また、前回のTOTOのショールーム訪問と同様に、近くにあるアンパンマンミュージアムに立ち寄ってから訪問しました。

 

決めてきたこと

バス(アライズ)

標準仕様からは下記変更しました。

床:ノーマル ⇒ キレイサーモ(オプション)
  • +3万円
  • 掃除がしやすいため付けることにしました。
入口:折れ戸 ⇒ 開き戸(オプション)
  • +3万円
  • 折れ戸と比べて掃除がしやすい
棚:2段 ⇒ 3段(オプション)
  • +2千円
ふた:巻き取り式 ⇒ 2分割式(オプション)
  • +1.3万円
  • なぜか妻が興味を示したため付けることに
シャワーハンガー:ノーマル ⇒ 手すり兼用バー(オプション)
  • +2.6万円
  • TOTOでは標準だったバータイプのシャワーハンガーがオプションだったため付けることにしました。

 

また、前回LIXILを訪問した時にはなかった、「カウンターの取り外し機能」がついていました。

これでカウンター周りの掃除が楽になりそうでしたが、ただそれでもTOTOのカウンターの方が掃除しやすそうかな?と思います。

 

トイレ(ベーシア)

標準仕様からは下記変更しました。

便器:ノーマル ⇒ アクアセラミック(オプション)
  • +1万円
  • 表面のつるつるが100年もつと謳われていました。それほど価格もUPしないので付けました。

 

トイレはTOTOよりオシャレでした。

 

キッチン(AS)

標準からの変更点は下記になります。

食器乾燥機追加(オプション)
  • +15万円
天板:シルクエンボス加工 ⇒ スムースドットエンボス加工(オプション)
  • +5千円
  • より傷や汚れが目立たないということで採用しました。
水切り籠:なし ⇒ 追加(オプション)
  • +7千円
コンロ:片面焼き ⇒ 両面焼き(オプション)
  • +1万円

 

キッチンの標準仕様はTOTOより充実していました。

見積もりの結果が、特に問題なければLIXILにすると思います。

 

見積もり

上記のオプションで、約25万円の追加となりました。

TOTOより安く収まりました。

これからある程度の割引になりますが、設備追加費用として見込んでいた予算内には収まりそうです。

 

まとめ

LIXILのショールームで、バス、トイレ、キッチンの仕様を決めて、見積もりを作ってもらいました。

設備の追加費用については、TOTOよりも安く収まりそうです。

 

あとは、小林住宅工業経由で見積金額をもらい、最終的にバス、トイレ、キッチンをLIXILにするのか、TOTOにするのか決めていくことになります。

 

う~ん。直近だからかもしれませんが、全部LIXILでもいい気がしてきました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.