インターネットを比較。我が家はテレビも込みでNUROを選択。 – 30代の家づくり

インターネットを比較。我が家はテレビも込みでNUROを選択。

 

はじめに

電気、ガスと検討してきましたインフラ関係。

最後にインターネットの検討です。

これがまた難解です。

 

我が家の場合はテレビもインターネット

インターネットを検討するにあたり、我が家は同時にテレビ(地デジ)の検討をする必要があります。

我が家の土地は非常に電波の入りが悪いとわかったため、アンテナを立てる代わりにインターネットでテレビを見ることにしました。

なお、ケーブルテレビという手もありますが、以前検討した際インターネットのほうが割安ということが分かったため、検討から除外しています。

 

インターネットでテレビ(地デジ)を見る方法は2つ

さてインターネットでテレビを見る方法ですが、2つの方法があります。

一つはひかりテレビ、もう一つがフレッツテレビです。

ひかりTV

ひかりTVはNTTぷららが運営するNTT東西フレッツ光向けの映像配信サービスです。

地デジや80以上の専門チャンネル。7万以上のビデオオンデマンドサービスを展開しています。

フレッツテレビ

フレッツテレビはオプティキャストが運営するNTT東西フレッツ光向けの映像配信サービスです。

地デジや300以上の専門チャンネルを提供しています。

 

料金など細かい違いはありますが、ひかりTV、フレッツテレビいずれでも地デジの視聴は可能です。

また、ひかりTVはビデオオンデマンドサービスが特徴で、フレッツテレビは多彩な専門チャンネルが特徴といえます。

 

インターネット経由でテレビ(地デジ)を見るときの注意点

インターネットでテレビ(地デジ)を見る際に、契約時に注意することがあります。

インターネット回線の種類に注意

まず1点目。インターネット回線です。

インターネットの契約は、インターネット回線+プロバイダーで成り立っています。

 

 

インターネット回線は主に、フレッツ、auひかり、NUROの3つがあります。

このうち、ひかりTVを見れるのはフレッツ、NUROの2つ。

フレッツテレビを見れるのはフレッツのみとなっています。

つまり、インターネット回線でauひかりを選んだ時点でテレビ(地デジ)を見ることはできません。

auひかりにはauひかりテレビサービスがありますが、これは専門チャンネルが主で、地デジを見ることはできません。

 

インターネットでテレビを見ると回線速度が遅くなる

注意点2点目は、テレビを見るとインターネット回線の速度が遅くなるということです。

 

ひかりTVやフレッツテレビを見る際、インターネットの帯域がテレビの分だけ専有されてしまいます。

これは、他の通信よりもテレビの通信を優先させる機能が働いているためです。

そのため、家族がテレビを見ているときなどは、インターネットを介したゲームやHPの閲覧が遅くなってしまうことがあります。

そうならないように、特にインターネットでテレビを見る場合は、帯域の大きいインターネットサービスを選んだほうがよさそうです。

 

インターネットを比較する

インターネットでテレビを見る方法や、注意点について書きましたが、早速比較していきたいと思います。

なお、電力やガス会社を比較した時と同様に、キャッシュバックキャンペーンなどは除外しています。

回線 プロバイダー ひかりTV フレッツTV 速度 月額(税抜) 初期 その他
auひかり So-net × × 1G 4,900円  ?
auひかり BIGLOBE × × 1G 4,900円 40,500円  500円/月で5Gプラン利用可
フレッツ:ぷらら光 plala × 1G 5,100円 18,800円
NURO NURO × 2G 4,743円 43,000円
フレッツ:excite光 BB.excite × 1G 4,500円 21,000円
フレッツ:So-net So-net × 1G 5,200円 24,800円
フレッツ:DMM DMM × 1G 5,020円 2,000円
フレッツ:ocn ocn 1G 5,400円 21,000円 現在我が家のプラン
フレッツ光 BIGLOBE 1G 5,980円 33,000円
フレッツ:Softbank光 Softbank光 × 1G 4,700円 30,000円 5年割(TV)プラン

※月額利用料は各種割引期間終了後の金額です。またレンタル機器の料金込みです。

※初期費用は、無料になるキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることが多いです。

 

我が家の選択はNURO

そこそこ安くて、速度が唯一2GのNURO。

さらにひかりTVに対応。

速度+テレビ対応+価格で、我が家はNUROにすることにしました。

 

まとめ

インターネットの契約について検討しました。

我が家はテレビ(地デジ)をインターネットで見る予定なので、ひかりTV、またはフレッツテレビがオプションとして付けられるサービスにする必要があります。

比較した結果、ひかりTV対応で価格がそこそこ安く、かつ速度が圧倒的に早いNUROを採用することにしました。

 

これで、電力、ガス、インターネットと我が家のインフラ系はすべて決まりました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.