インターネットを想う:快適ネット環境を実現する② – 30代の家づくり

インターネットを想う:快適ネット環境を実現する②

 

はじめに

以前の記事で2階のWi-Fiルータの位置を下記にすると書きました。

オーバーハングに作る予定だった棚の部分です。

しかし、43条ただし書きに伴う空地問題により、オーバーハングが取りやめとなったため、この案も再検討することになりました。

 

LANの大元の移動先はスタディルーム

LANの大元をどこにしようか非常に迷いましたが、結果はスタディルームにすることにしました。

始めの案に戻ってきた感じです。

スタディルームにした理由は下記の2点です。

  • スタディルームに設置することで、有線LANによるインターネットがスタディルームでやりやすくなること
  • 他に適当な場所がなかったこと

 

ただし、スタディルームといっても、可能な限り人目に触れないような高い位置などに設置し、付随するモデムやルーターなどが視界に入ってごちゃごちゃしないようにしたいと思います。

 

Wi-Fiルータの移動先は天井

Wi-Fiルータの設置場所はいっそのこと下記の天井にしようと思います。

天井設置タイプのWi-Fiルータもあるため、あまり視界の邪魔にならないと考えています。

まあ、ないに越したことはありませんが。。。

 

もっともWi-Fiルータの最適な設置場所は、見える位置(ルータとPCやスマホの間に障害物が一切ない位置)と言われているので、使い勝手でいうと天井はベストポジションとなるわけです。

なお、電源についてはPoE給電装置+PoE対応Wi-Fiルータにすることで、LANケーブルをコンセント代わりにできる便利な仕組みがあるのでこれを採用しようと思います。

 

1階のWi-Fiルータ設置場所は変わらずSIC

ついでに1階のWi-Fiルータの設置場所についてもおさらいしておきます。

設置個所は、下記のシューズインクローゼットです。

棚の一番上に置こうと思います。

 

まとめ

LANの大元やWi-Fiルータを設置する予定だった場所が、43条ただし書きに伴う空地問題によりなくなってしまったので、再度検討しました。

結果、LANの大元はスタディルーム、Wi-Fiルータはダイニングの天井に設置することにしました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.