インターネットを想う:快適ネット環境を実現する – 30代の家づくり

インターネットを想う:快適ネット環境を実現する

 

はじめに

以前の記事でインターネットのケーブルについて検討しました。

今回はインターネット環境の追加検討となります。

 

言わずもがな、ネット環境は超重要です。

快適なネット環境は住み心地の条件ともいえます。

 

我が家でも最高に快適なネット環境の実現を目指します。

 

基本は有線+無線

ネットは有線(直接LANケーブルをつなげる)か、無線(Wi-Fiで接続する)かの二種類あります。

有線は安定した通信速度が期待でき、セキュリティにも強い反面、使用可能な場所が限られます。

また、LANケーブルを敷設するのには費用がかかります。

小林住宅工業の場合は空配管のみで、1万円かかります。

 

無線は場所によっては不安定になったりしますが、場所の自由度は高いといえます。

ただ、セキュリティには注意です。

 

そのため、ネットを必ず使う場所には有線(LANケーブル)を敷設し、それ以外の場所は無線(Wi-Fi)を使えるようにしたいと思います。

 

LANケーブルの敷設

前回検討の振り返りとなりますが、LANケーブルの施設は下記を想定しています。

 

テレビ横にインターネット回線の引き込みを持ってきて、そこからテレビと、スタディスペースへケーブルを敷設します。

 

Wi-Fiルータの設置

Wi-Fiルータは基本的に1階、2階に各1台とします。

木造であれば1階、2階合わせて1台でも行けそうですが、将来の技術発展の可能性を考慮し、ここは2台設置します。

※おそらくここ数年でWi-Fiに対応したモノが爆発的に増えると予測されるためです。

 

Wi-Fiルータの設置場所

真ん中付近で、できるだけ高い場所が理想的です。

そのため、下記にしたいと思います。

1階

シューズインクローゼットの一角です。

 

2階

テレビ横の飾り棚です。

もともとルータを設置しようと考えていたので、Wi-Fi兼用のルータを用いることにします。

 

 

なお、1階のWi-Fiルータについては、空配管が必要となりますので、小林住宅工業に要望として提示しようと思います。

 

 

まとめ

快適なネット環境を実現するために、LANケーブルとWi-Fiルータの設置について考えてみました。

これで家のどこにいても、快適に過ごせそうです。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.