ウッドデッキ材の変更。イタウバは高額であった。。。 – 30代の家づくり

ウッドデッキ材の変更。イタウバは高額であった。。。

 

小林住宅工業(こばじゅう)からウッドデッキ材として国産ヒノキ材を提案いただきました。

しかし、メンテナンスや耐久性の観点からこれを「イタウバ」という素材に変更したいと考えたため、小林住宅工業に見積もりをお願いしていました。

 

結果として、価格は施工費込みで2倍になるとのこと。。。

もともと45万程度の費用でしたが、90万へと45万UPすることになります。。。

 

うーん。悩ましい。

「イタウバ」はささくれが起きにくく、保育園のプールでも使われているほど子供が素足で遊ぶのには最適な素材と言われています。

また、メンテナンスフリーで20年以上の耐久性があるため、国産ヒノキと比較して45万の増加であれば、十分もとが取れると考えています。

しかし!しかし!これ以上の初期費用のUPは避けたい。。。

 

幸いにもウッドデッキの施工は最後であり家の着工後でも変更が効くとのことでしたので、設計や地盤調査が完了した後に決めたいと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.