洗濯を想う:我が家の室内干し計画 – 30代の家づくり

洗濯を想う:我が家の室内干し計画

 

はじめに

家づくりブログを読んていると、どこのお家でもたいてい室内干しスペースについて触れられています。

我が家でも室内干しスペースを確保したいと考えています。

 

今回は我が家の室内干し計画についてご紹介したいと思います。

 

我が家の室内干しは脱衣室で

我が家では脱衣室で室内干しを使用と考えています。

1坪とやや手狭ですが、洗濯機があり洗濯したものをすぐに干せます。

また、脱衣室には扇風機をつける予定のため、室内干しの際にはサーキュレーター代わりに使おうと考えています。

 

室内干しの方法は多種多様

室内干しをするにあたり、どのように干すかを考える必要があります。

例えば、よくあるのがホシ姫サマ

出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/miriyo/hoshihime/

 

また、最近オシャレ便利ツールとして取り上げられられることの多い~なんかもあります。

出典:http://moritaalumi.co.jp/product/detail.php?id=11

 

また、Goodeデザイン賞を受賞したAirHoopなんかもいいですね。

出典:http://www.nasta.co.jp/product/utility/002.html

 

妻からの要望。めんどくさいのは嫌!

さて室内干しの方法は、先に書いた通りよりどりみどりです。

しかし、ここで妻から「めんどくさいのは嫌」との要望が。。。

 

ましてやホシ姫サマの手動タイプのようにくるくる回すのなんかもってのほかです!

一気に選択肢が限定されてしまいました。

 

イメージとしては、Pidなどワンタッチで対応できるものがよういようです。

 

ただ、Pidは重みでワイヤーがたわみそうです。

ちょっとした洗濯物をかけるには向いていると思いますが、がっつり干すときにはどうでしょうか?

 

悩んだ末に見つけたのは川喜金物の「ガチ壁くん」

ガチ壁くん。下記です。

出典:https://www.kawaki-sowa.co.jp/04_New_item_gachi.html

 

ガチ壁くんの他の商品にない大きな利点は、物干しざおをつけたまま折りたためることです。

壁につけたガチ壁くんをぱたんと倒すだけで、物干しスペースが出来上がりです。

 

物干し竿を使うので、ワイヤーのように垂れることはありません。

また、白を基調としていてなかなかオシャレです。

物干し竿もシンプルなものにすればいい感じになりそうです。

まあ、脱衣室に関してはあまり期待していませんが。

 

我が家ではガチ壁くんを2セット使う

さて、ガチ壁くんを使うことにして、脱衣室の下記壁に取り付けようと考えてします。

壁を正面から見るとこんな感じです。

ガチ壁くんを2段設置します。

 

ちょっとごちゃごちゃしますが、幅にして2段合計で約3メートルの物干しスペースを確保できそうです。

バスタオルも6枚は干せます。

更に扇風機を回し、除湿器も使えば、洗濯効率も上がることでしょう。

 

まとめ

我が家の室内干し計画についてご紹介しました。

妻のめんどくさいのは嫌との要望を叶えるため、選択肢がかなり限られましたが、川喜金物のガチ壁くんを使うことで、面倒くさくない室内物干しスペースを実現しようと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.