照明を想う:照明シミュレーションでリビングの明るさを確認してみる – 30代の家づくり

照明を想う:照明シミュレーションでリビングの明るさを確認してみる

 

はじめに

通風シミュレーション日照シミュレーションに続き、シミュレーションの第三弾となります。

今回は、照明シミュレーション。

 

リビングの照明が明るさとして問題ないか?と不安になったのでどのくらいの明るさになるのか、照明のシミュレーションをしてみました。

 

照明シミュレーションに使ったのはDIALux

DIALuxはドイツのDIAL社が開発した無償の照明シミュレーションソフト

無料というのがありがたいですね。

 

下記からダウンロードして使えます。

http://www.endo-lighting.co.jp/job/three_d/#prettyPhoto

 

DIALuxには通常版と簡易版の2つがある

インストールすると下記のようにデスクトップにアイコンが2つできます。

DIALux Light

簡易版です。

正方形の部屋で、かつ1種類の照明しか設置しない場合はこちらを使うと簡単にできます。

DIALux

通常版です。

複雑な部屋の形や、複数の種類の照明を設置したり、照明の取り付け角度を真下以外にする場合にはこちらを使います。

 

DIAluxには各社の照明を読み込める

照明器具メーカーが公表している配光データをDIALuxに取り込んで、シミュレーションに使うことが出来ます。

詳しくは下記を参照ください。

http://www.lightstyle.jp/?cn=100040&bgc=10000508

 

ただ、残念ながらオーデリックの一部の照明は配光データが入手できなかったために、似たようなパナソニックの配光データを流用しました。

 

照明シミュレーションをやってみる

シミュレーション対象はリビング

幅約4.5メートル、奥行き約2.7メートル、広さ7.5畳です。

ここには下記の位置にオーデリックのスポットライトを設置する予定です。

画像上部には60W相当のライトが2灯ついている、OS256 501LDを2つ設置します。

出典:http://www.odelic.co.jp/webcatalog/

画像下部には100W相当のライトが2灯ついている、OS256 438を2つ設置します。

出典:http://www.odelic.co.jp/webcatalog/

 

照明シミュレーション

リビングは勾配天井となっており、かつ2種類の照明を使うため、簡易版ではなく通常版を使いました。

 

まずは、部屋の大まかな形を入力します。

 

次に、照明を設置します。

下記は見やすいように「配光の3D表示」機能をONにしたものです。

 

60W相当のライトが2灯ついている、OS256 501LDはすべて下を向かせています。

100W相当のライトが2灯ついている、OS256 438は片方を床を照らすように下に向け、もう片方を天井を照らすように上に向けました。

 

最後に計算を行います。

下記は見やすいように照度(ルクス)ごとに、色分けしたものです。

緑が50~100ルクス、黄色が100~150ルクス、オレンジが150~200ルクス、赤が200~250ルクスを表しています。

これを見ると床はおおよそ150ルクス、壁、天井は50~100ルクスということが分かりました。

 

床が150ルクスというのは適正なのか?

シミュレーションの結果、リビングの床はおおよそ150ルクスということが分かりました。

これは適正なのでしょうか?

 

基準はJIS照度基準

日本工業規格(JIS)で住宅に必要な照度がある程度決められています。

http://www.akaricenter.com/mame/pdf/jis-shoudo.pdf

 

これによると、居間で団らんをしたり、子供が遊んだりする場合に必要な照度は150ルクス~300ルクスとのこと。

ということは150ルクスというのはちょうどいいか、ちょっと物足りないくらいとなります。

 

意外とルクスが低くても大丈夫?

もう一つの基準として今住んでいる部屋の照度を測ってみました。

使ったのは「LuxMeter」というスマホアプリです。

 

結果は、

部屋の中:50ルクス

屋外(17時ごろの曇り空):3000ルクス

屋外(12時ごろの曇り空):60000ルクス

スーパー:1200ルクス

電車の中:400ルクス

以外と今住んでいる部屋の照度が低くびっくりしました。

確かにものすごく明るくはありませんが、特に暗くはありませんし、本を読むのも差し支えありません。

なので、150ルクスというのは、今住んでいるところよりもずっと明るくなりそうなので、十分という結果になりました。

 

まとめ

リビングの明るさが不安だったので、DIALuxを使って照明シミュレーションをしてみました。

結果は、特に問題なさそうということが分かり安心しました。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.