照明を想う:もやもやする – 30代の家づくり

照明を想う:もやもやする

 

はじめに

オーデリックのショールームを訪問し、FUTAGAMIのペンダントライトを見るためにセレクトショップに行ってきたり、考えた照明について小林住宅工業との打ち合わせで反映をお願いしましたが、まだ照明についてもやもやしているポイントがあります。

なんとなく、このままでは後悔するかもしれません。

 

もやもやポイント①:リビングのスポットライト

リビングのスポットライトを

から

へ変更しました。

明るさとしては同じくらいで、外見でより好みなものを選択しました。

しかし大きな違いがもう一つあります。

それは照角度。

光がどれだけ広がるか?という値です。

OS256 133は70度、OS256 437は36度、OS256 501は47度。

つまり、変更後のほうが明らかに光の広がる範囲が狭いのです。

リビングの角や隅は明るさが足りなくなるのでは?という点を気にしています。

 

ここは答えが出ないので、もうしばらく悩もうと思います。

 

もやもやポイント②:寝室のダウンライト

寝室にはダウンライトを2つ使う予定です。

しかし、リーリングライトも捨てがたいと考えています。

 

そこで2つを比較してみました。

ダウンライト シーリングライト
初期費用 10000円 15000円
オシャレ感
自由度 ×

 

初期費用をとるか、照明の自由度をとるか?ということになりました。

もし、初期費用がもう少し安ければシーリンライトがいいですね。

ということで、もっと安い照明を探してみようと思います。

 

もやもやポイント③:WICのダウンライト

WICでは100Wのダウンライト一つを考えています。

明るさとしては十分かもしれません。

 

しかし、以前の記事でご紹介したように、天井付近に布団を収納する予定です。

となると、布団の陰になって非常に暗い場所ができるのではないか?と考えてしまいます。

 

まとめ

照明についてもやもやしているポイントがあったので、洗い出してみました。

頭の整理にはなりましたが、もやもやをすっきり解決するにはまだ時間がかかりそうです。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.