コンセントを想う:まとめ編 – 30代の家づくり

コンセントを想う:まとめ編

 

はじめに

テレビ用のコンセント掃除機用のコンセント屋外で使うコンセントスタディルームのコンセント防犯用のコンセントなどなど、コンセントについて検討してきました。

あらかた検討できたため、小林住宅工業(こばじゅう)との次の打ち合わせに向けて、コンセントのまとめをしておきたいと思います。

 

1階のコンセント

特に工夫した点は主に下記です。

  • シューズインクローゼットに電動自転車充電用のコンセントを設置
  • 脱衣室に扇風機と除湿器用のコンセントを設置
  • 玄関ホールに防犯カメラ用のコンセントを設置
  • 屋外に掃除や将来使うかもしれない電動スクーター用のコンセントを設置

 

2階のコンセント

工夫した点は主に下記です。

  • ダイニングテーブル用のコンセントを設置(PCとかホットプレート用)
  • 屋外に掃除用などに使うためのコンセントを設置
  • 階段脇のスペースに将来机を置いてもいいように、コンセントを設置

 

コンセント総数

コンセントの数を数えてみました。

2口1個とします。

1階

15個

2階

18個

 

小林住宅工業は延べ床面積30坪程度の家の場合、15個くらいまでコンセントがついています。

そのため、18個が追加という計算になります。

2口コンセント1つにつき5,000円の追加費用と伺っているので、おおよそ9万円となるようです。

 

とはいえ、初めの見積もりにはこの9万円うちある程度は織り込んでいただいているので、問題なしです。

 

まとめ

今まで各コンセントについて検討してきましたので、最後にまとめを行いました。

また、コンセントの数とコストがどの程度かかるか算出しました。

 

付けたいところに付けましたが、実はもう3~4か所ほど増やせたらなと思っていたりもします。

もし都合がつくようでしたら予算をもう少しコンセントに割り振ろうと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.