レバーハンドルを想う:KAWAJUNと堀商店のショールームを訪問 – 30代の家づくり

レバーハンドルを想う:KAWAJUNと堀商店のショールームを訪問

 

はじめに

前回の記事では、感動を伝えるためにちょっと記載方法を変えてみましたが、レバーハンドルを見るためにKAWAJUNと堀商店のショールームをはしごしてきました。

きっかけは下記のブログ。

http://danslaforet.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

 

堀商店の真鍮製のレバーハンドルを黒く塗装して、塗装がちょっとずつ剥げて来ることで、下の真鍮が露わになってくる。

なんとも言えない味になるとのことで、非常に興味を惹かれました。

堀商店のカタログを見てみると、もうものすごく良さそうなハンドルがあり、ぜひ実物をみたいと思い、行ってきました。

なお比較のために、現在採用予定のKAWAJUNにも行ってきました。

 

はじめにKAWAJUN

KAWAJUNのショールームを訪れるのは2回目。

KAWAJUNのショールームは水天宮前にあります。

 

いまのところ設置される予定のレバーハンドルは、小林住宅工業(こばじゅう)標準の、KAWAJUNのV6シリーズ。

色はサテンニッケルです。

出典:https://kawajun.meclib.jp/hw_jp_lhpk11_catalog/book/#target/page_no=63

 

見た目や握った感じは普通。

サテンニッケルの色合いは素敵でしたが、それ以外はいたって普通のレバーハンドルでした。

 

そして堀商店

堀商店は新橋にあります。

KAWAJUNと異なり、古美術商のような雰囲気の建物でした。

 

感想はともかく素晴らしかった。

久々にいいものを見て感動しました。

ハンドルのフォルム、使い込まれた真鍮の色合い。

特に、LARが良かった。

出典:http://www.hori-locks.co.jp/products_data/catalogue/hori_products_catalog.pdf

 

そして握ったときの感触と重量感。

完璧でした。

KAWAJUNよりも値がはりますが、もうこれは使うしかない!

 

とりあえず妻と小林住宅工業に相談です

 

まとめ

レバーハンドルの検討のため、KAWAJUNと堀商店のショールームに行ってきました。

堀商店のレバーハンドルが素晴らしかった。

 

KAWAJUNさんごめんなさいm(_ _;)m

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.