小林住宅工業の防火窓は高性能! – 30代の家づくり

小林住宅工業の防火窓は高性能!

はじめに

小林住宅工業(こばじゅう)との先日の打ち合わせの際に、窓はYKKAPのAPW330防火窓シリーズになると伺いました。

「急坂の上の物件」は43条ただし書き物件のため、神奈川県の条例により準防火地域並みの対応が必要になります。
そのため、窓を防火対応にする必要があります。

 

小林住宅工業の防火窓はYKKAPのAPW330

YKKAPのGシリーズかな?と思っていました。

しかし、APW330防火窓。

 

やったー!

 

APW330防火窓は、YKKAPの防火窓では最高レベルの断熱性能を有しています。

熱貫流率は1.95

Gシリーズの場合は熱貫流率は2.33ですので、約15%ほど性能が良いものになります。

 

妻はあまり興味がなさそうですが、私は非常にうれしい

 

ただ、準防火対応をしない場合の小林住宅工業の標準は、おそらくYKKAPのAPW330?

こちらはさらに高性能で熱貫流率は最高で1.48となっています。

うらやましい。43条が恨めしい。

 

ともあれ熱貫流率1.95の窓は大満足です。

 

補足)熱貫流率が低いほど断熱性は高くなる

熱貫流率はどれだけ熱が外に逃げやすいかを表した数字です。

そのため、値が小さいほど熱が外に逃げにくく、断熱性が高いといえます。

 

外壁の場合、ざっと0.5

アルミサッシのシングルガラスだと6くらい

アルミサッシのペアガラスだと3.5くらい

アルミ樹脂複合サッシのペアガラスだと2.3くらい

樹脂サッシのペアガラスでようやく2以下のレベル

中には樹脂サッシのトリプルガラスで1以下のものもある

 

というような内容になっています。

 

まとめ

小林住宅工業から窓の仕様について伺いました。

窓はYKKAPのAPW330防火窓!非常に高性能。

 

これは大満足です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.