請負契約書がやってきた。住宅ローンで問題を抱えている我が家は若干修正。 – 30代の家づくり

請負契約書がやってきた。住宅ローンで問題を抱えている我が家は若干修正。

 

はじめに

4月吉日に小林住宅工業(こばじゅう)で契約をすることにしました。

それに先立って小林住宅工業から事前確認のための契約書が送られてきました。

 

一通り目を通して、疑問点は小林住宅工業に確認を行いました。

 

送付された契約関係書類

下記の書類が送付いただきました。

結構な種類です。

  • 工事請負契約書
  • 工事請負契約約款
  • 重要事項説明書
  • 契約時プラン
  • 仕様書
  • 契約時見積書
  • 建築スケジュール
  • 打合せスケジュール
  • 瑕疵保証基準書
  • 瑕疵担保保険の案内

 

小林住宅工業は設計施工一括契約

我が家はまだつくる家が明確になっていませんが、このタイミングで工事の請負契約を結ぶことになります。

このように、設計が完了していない段階で工事まで契約することを、『設計施工一括契約』と呼ぶようです。

他のパターンとして、いったん設計までの契約とし、工事は別に契約するのが『分離契約』となります。

注文住宅では主にこのどちらか一方の契約方式をとることが一般的なようです。

 

住宅ローンで問題を抱えているため一部契約内容を修正

我が家は住宅ローンで問題を抱えている状態です。

※たぶん大丈夫。。。

そのため、住宅ローンが下りなかった場合を想定し、我が家は下記2点を修正してもらいました。

・本来4分割で支払う建築費を5分割とし、契約時点では100万円の手付金のみにする

・『住宅ローンが下りなかった場合には実費を清算し契約撤回する』旨を追加する

これで一安心です。

 

まとめ

小林住宅工業から請負契約書を送付いただきましたので、一通り目を通しました。

住宅ローンで問題を抱えている我が家は、支払い方法の変更+住宅ローンが下りなかった場合の対応を契約に盛りこむよう修正を行いました。

 

さていよいよ契約です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.