会社訪問+OB宅訪問(小林住宅工業)。OBとの良好な関係が素晴らしい。 – 30代の家づくり

会社訪問+OB宅訪問(小林住宅工業)。OBとの良好な関係が素晴らしい。

deffa0ef223c22cb5fd49c86eebbf1c1_s

 

学会、会社訪問の第十回目となります。

今回は小林住宅工業(こばじゅう)に伺ってきました。また、はじめてのOB訪問をしてきました。

 

はじめに

今回は小林住宅工業の本社でお話を伺ってきました。そのあと、OB訪問をさせていただきました。

初めてのOB訪問で、緊張しました。

 

本社では主に建築費用について確認し、OB訪問では住み心地などを伺いました。

 

会社訪問

小林住宅工業の本社は、駅から徒歩25分(ちょっと遠い)、2階建ての普通の事務所といった感じの建物でした。

今回の会社訪問では、主に建築費用について確認をしました。

 

確認できたこと

過去事例に基づいた建築費用

標準仕様に加え、下記のオプションをつけておおよそ2,000万(税込み)

  • トイレ1つ⇒2つ
  • 4~5畳のベランダ
  • 造作収納
  • 1LDK⇒2LDK

※本体工事費用、ガス・水道引き込み工事費用、空調、照明含む(外構工事、地盤工事は含まず)

 

過去事例からもおおよそ2,000万で建てられることが分かりました。

外構工事、地盤工事費用を含めても2,200万くらいに抑えられそうです。

この点は、かなり安心しました。

追加工事費用:勾配天井

8万/坪

勾配天井は実現したかったのですが、ちょっと高いですね。

あきらめるしかないかも知れません。

追加工事費用:一部屋追加(要は壁と扉の費用)

10万

想像以上にお手頃でした。

ただ、小林住宅工業は無垢の扉にこだわっていて、ほぼ扉代だそうです。

なお、扉は岡山にある無垢建具専門の会社に発注しているとのことでした。

追加工事費用:窓

無料

常識的な範囲であれば何枚つけても値段は変わらないそうです。

びっくり!

追加工事費用:2階リビング

無料

通常は1階にあるリビングや水回りを2階にしても費用は変わらないとのことでした。

追加工事費用:リビングの壁を壁紙⇒珪藻土

8万

小林住宅工業にはいくつか仕様があり、我が家で検討している最もランクの低い仕様は、壁がルナファーザーという壁紙です。

ルナファーザーはもちろん自然素材ですが、せめてリビングだけでも珪藻土の塗り壁にしたいと考えていたので、この価格は魅力的です。

追加工事費用:ロフト

100万(8畳ほど)

ロフトはぜひほしいスペースです。

高いかなと思っていたけど、やっぱり高かった。。。

追加工事費用:1階と2階の間に断熱材

30万程度

我が家で検討している仕様では1階と2階の間に断熱材がありません。

仮に入れた場合の費用です。

費用の支払いタイミング

契約時:1/4、上棟時:1/4、検査時:1/4、引渡し時:1/4

契約のタイミングで500万は必要そうですね。。。

耐火構造の対応費用

100万以上

火災保険が安くなるかなと思って聞いてみましたが、安くなった分を悠々超えることが分かりました。

残念!

 

OB訪問

小林住宅工業の本社でお話を伺った後は、車で15分ほど離れたOB様宅へ移動し、家を拝見させていただきました。

 

訪問先

OB訪問先として、築3年程度、100平米程度、4人家族と、我が家と状況が似ている方を紹介いただきました。

夏冬を2度過ごされているので、各々住み心地を確認することができました。

 

手土産

見ず知らずの我が家に時間を割いていいただくので、せめてものお礼に手土産をお持ちしました。

多少手土産にはこだわりがあるので、紹介したいと思います。

 

今回手土産にしたのは、「銀座ウエスト」の『リーフパイ』です。

http://www.ginza-west.co.jp/

個別包装、賞味期限が長い、あっさりとした味付けという点で、好みがわからない場合に重宝します。

 

確認できたこと

小林住宅工業にした決め手

自然素材+自由な間取り

夏、冬の住み心地

夏に寝る際はほとんどエアコン不要

冬もあまり暖房を使用せず生活できている

この点、かなり評価UPです。

結露は出る?

冬に北側の窓に出る

南側は出ない

まったくでないというわけではなさそうですが、南側だけでも出ないのはありがたいです。

北側の窓はサッシや窓ガラスのグレードを上げるなど検討したいですね。

無垢の床はどう?

非常に良い。素足で歩くと気持ちいい

やはり、この点は実感されているようです。

おすすめポイントは?

パントリーが便利

我が家でも必須にしたいところです。

やはり便利なようですね。

こうしたらよかったという点は?

コンセントの位置。

できるだけ詳細に検討したほうがいい。少しずれただけでも使いやすくなる

具体的にどの部分かもうかがいましたが、ちょっとしたコンセントの位置(20cm程度)の違いで使い勝手に影響が出るようです。

勉強になりました。

 

感想

OB訪問は夏冬の生活や、結露の有無など生の声が聞けたので非常に良かったです。

それ以上に、築3年たったご家族とも良好な関係が継続でいていることに感心しました。

我が家でも同じような関係を築きたいものです。

 

まとめ

今回は会社訪問と、OB訪問を行い、家の建築費用や住み心地について確認することができました。

結果として、さらに小林住宅工業への評価が高まりました。

特にOBの方と良好な関係を保てているのは、非常に安心できます。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.