会社訪問(Aホーム)。まずまずだがこれといったものがない。 – 30代の家づくり

会社訪問(Aホーム)。まずまずだがこれといったものがない。

 

学会の第四回目となります。

今回はAホームの会社を訪問してきました。

会社訪問は初めてとなります。

 

はじめに

Aホームは適当な見学会がなかったので、会社のショールームを訪問しました。

Aホームがどんな家づくりをしているのか、予算内で建てられるかを確認してきました。

また、対応はAホームの営業の方にしていただきました。

 

確認できたこと

Q値、C値の過去事例

過去事例は特になし。計測したことはない。

ここはちょっとしたマイナスポイントとなりました。

耐震性

耐震等級は2。

逗子の気候風土に合わせた設計

塩害対策のため、塩害用の室外機を利用している以外特にない。

大工について

大工は同じ人に任せている。現在は7名で行っている。

Aホームは年間30棟程度建てているので、7名で行っているという言葉には驚きました。

D工務店は2~3名×8チームが年間24棟建てているとのことでしたので、ざっと3分の1の人数で建築していることになります。

D工務店が多いのか、Aホームが少ないのか、ほかの建築会社でも確認し比較したいと思います。

断熱材の隙間を埋める工夫

断熱材は発泡ウレタン系を使用しており、吹き付けて施工しているので、隙間はできない。

セルロースファイバーと違い、どこでも吹き付けできるので、隙間を作らず施工している。

※セルロースファイバーは、シートで覆った中に吹き付けるの方式のため、隙間ができてしまう。

社員の人柄

特にマイナスイメージはありませんでした。

ホルムアルデヒドの濃度

特に計測していない。

しかし、化学物質過敏症に悩む人向けに建築したことがある。

断熱材

アクアフォームを使用している。

アクアフォームは発泡ウレタン系で断熱性が高い。

また、セルロースファイバーを使用することも可能であるが、セルロースファイバーは沈下する欠点があるため勧めていない。

この点は、セルロースファイバーを標準としているD工務店や、E設計では聞いていなかったので次回確認しようと思います。

アフターメンテナンス

アフターメンテナンスは、毎年訪問して行っている。

ほかの会社は1,3,5,10年が多いため、この点好印象でした。

建築費用

おおよその予算を伺ったところ、下記のようになりました。

本体工事費、別途工事費、家の諸経費:2,100万

土地の諸経費、家の諸経費の一部:150万

建売の実績

※D工務店で「Aホームは建売をやっており施工が荒い」と伺ったので、まずは建売をしているのか確認しました。

建売はしてる。ただし、社長の付き合いで依頼された場合のみ。積極的に営業をかけていない。

とのことでしたので、この点は特にマイナスとはとらえないとの判断にしました。

会社の強み、売り

社長が職人気質。余計なものにお金をかけない。

確かに、資料請求した建築会社の中でAホームが圧倒的に低コストな資料でした。

紙2枚程度。

 

Aホームの現在の評価

評価としてはまずまず。これといったものがないのが残念。

  • Q値、C値の計測をしていないという点がマイナス
  • デザインや価格、使っている材料は満足いく内容
  • 価格はお安め

 

まとめ

初めて会社訪問をし、じっくり話を聞くことができました。

セルロースファイバーの沈下性や、大工の数などいろいろとほかの会社でも確認したいことができ、大いに収穫がありました。

他の会社もどんどん訪問したいと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.