WEB内覧会⑫(スタディルーム) – 30代の家づくり

WEB内覧会⑫(スタディルーム)

WEB内覧会12回目はスタディルームです。

書斎ともいえますが、家族共通で使う部屋となります。

 

はじめに

スタディルームは広さ3畳。

キッチン横の扉から入ります。

子供の勉強もここでする予定なので、リビングのテレビから最も遠い位置に配置しました。

スタディルームの全景

入り口側から

 

背面の書棚

書棚やカウンターテーブルはオプションになりますが、床や壁などは小林住宅工業(こばじゅう)の標準となっています。

ざっくりとした仕様は下記。

  • 壁紙:ルナファーザー(無塗装)
  • 床:無垢杉材
  • カウンターテーブル:タモ材 ※オプション

 

スタディルームの詳細部分

カウンターテーブル

テーブルの素材は鉛筆の跡などが付きにくいように、堅さを重視してタモ材をチョイス。

幅はおおよそ250cm。

3人が同時に使えるようにしました。

 

ちょっとお金がかかりましたが、勉強用にウォールランプを設置。

小林住宅工業標準のオーデリックの照明となります。

 

また、小林住宅工業標準ではありませんが、洗面所と同様にコンセントはJIMBO電器の「KAG2500」にしました。

見えるところはシンプルにまとめました。

 

書棚×2

 

スタディルームなので、本もたっぷり配置できるようにしました。

カウンターテーブルの上の書棚は大きめのバインダーを収納できるように奥行き35cmに、背面の書棚は奥行き25cmとなっています。

 

 

オシャレなアームチェア

スタディルームにはぜひともおきたかったアームチェア

ようやく夢がかないました。

なおジェネリック家具であるため、そこそこお手頃のお値段です。

 

ただし欠点が1つ。

脚の作りのためか、杉の床材が凹みます。。。。

ご注意を。

 

まとめ

今回はスタディルームについてご紹介しました。

スタディルームは照明など結構こだわった空間になります。

思った以上にオシャレにできて大満足です。

ただ、スタディルームといいつつ、今のところ一番使っているのは妻の針仕事だったりします。。。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.