造作と収納を想う:脱衣室は十分! – 30代の家づくり

造作と収納を想う:脱衣室は十分!

 

はじめに

造作と収納について検討していきます。

続いては脱衣室。

 

 

脱衣室に収納するもの

以前の記事で収納するものを洗い出しましたが、脱衣室に収納するものについて詳細化及び追加しています。

収納するもの 大きさ(奥、幅、高)※cm
妻:下着 37×26×24 2
夫:下着 37×26×24 1
ボディーソープストック 37×26×24 1
バスタオル 37×26×24 2
洗濯ネット 37×26×18 1
洗濯ばさみ 37×26×12 1
洗濯ばさみ(たくさんついているやつ) 40×5×60 2
除湿器 20×35×47 1
ランドリーバスケット 42×42×40 2
洗顔・シャンプーストック 37×26×24 1
洗剤ストック 37×26×24 1

ランドリーバスケットは、洗濯前、洗濯後の衣類を入れられるように2つ準備しておきます。

 

棚の奥行き

棚の奥行きは収納するものから考えると40cmもあれば十分なようです。

ランドリーバスケットは若干はみ出しますが。

 

収納を考える

収納するものをどのように収納するか考えてみました。

結果は下記となります。

そこそこスペースが余りました。

空いたスペースには、ウォークインクローゼットに入りきらなかったトイレットペーパーを収納することも考えましたが、湿気の多い脱衣室への収納は向かなそうだったのでやめました。

洗面所に入りきらなかったものについては、ここを活用しようと思います。

 

まとめ

脱衣室の収納について検討しました。

結果は収納したいものに対して、収納場所は十分ありました。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2016 30代の家づくり All Rights Reserved.